Apple社が4インチ液晶画面のiPhone SEを発表

シェアする

iphonese

日本時間の3月22日午前2時から実施されたApple社でのイベントで、4インチ液晶ディスプレイを搭載した小型のiPhoneである、「iPhone SE」が発表されました。2015年の一年間だけで液晶画面サイズが4インチのiPhoneは全部で3000万台売れたそうなので、このサイズのiPhoneを充実させることはApple社にとって一つの課題だったようです。

今回はほぼ事前にリークされていた情報の通りの商品でした。名前も数字が入らないものになりました。本機種の後継機を出すときにはどう区別するのか気になります。

見た目はほぼiPhone 5sと同じで性能はiPhone 6sと同じくらいという位置づけの商品です。予約は3月24日から開始で発売は3月31日、発売される国はオーストラリア・カナダ・中国・フランス・ドイツ・香港・日本・ニュージーランド・プエルトリコ・シンガポール・イギリス・アメリカです。日本もきちんと含まれてます。

CPUはiPhone6sと同じA9チップです。CPUの性能はiPhone5sの約2倍です。また、グラフィック(GPU)の性能はiPhone5sの約3倍です。カメラは12メガピクセル、4K動画撮影、240fpsのスロー動画撮影、Apple Pay搭載です。ディスプレイは解像度が1136×640の4インチで3D Touchは搭載されていません。色はiPhone 5sと比較するとローズゴールドが追加されて全部で4色になりました。

通信はLTEのバンドが増えたほか、最大150MbpsのLTEを搭載したことでiPhone 5sから50%高速化されました。WiFiは802.11acに対応しました。最大433Mbpsの通信に対応しています。iPhone 5sの3倍とスピードになりました。

ストレージは16GBと64GBの二種類のみ、1218GBはラインナップに追加されませんでした。本格的に使うには心許ないラインナップです。技術的には128GBのストレージを搭載することも可能だと思うのですが、なぜラインナップから外したのかが気になります。iPhoneはマイクロSDカードなどの外部ストレージを使うことができないので内部ストレージ頼みになってしまうのに残念です。

価格はSIMフリーモデルの16GBモデルが5万2800円、64GBモデルが6万4800円です。NTTドコモ、au、ソフトバンクからも価格が発表されると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク