運転中にSiriを最大限使うためのプリンストン社製「PIP-SRC」

シェアする

PIP-SRC1

最近のiPhoneやiPadではSiriという音声認識型パーソナルアシスタント機能が内蔵されています。これがなかなか使い勝手がよく、話しかけると電話をかけてくれたり、メモをとってくれたり、ナビの目的地を入力できたり、再生する曲を選んだり、画面を暗くしたり、指定したアプリを開いたり、ツイートしたり、メールを投稿したり、リマインダーを設定したり、天気を教えて貰ったり、本当に多彩な機能を持っています。

特にクルマを運転中に画面を見たりハンドルから手を離すことができないときに、声だけで操作をすることができます。

このSiriを最大限有効に活用するための面白い装置がプリンストン社から発売されています。

PIP-SRC2

これはSiriのリモコン装置となり、直径40mmまでのハンドルにリモコンホルダーを取り付けて利用することができるようになっています。これによりハンドルから手を離すことなく、ボタン操作をしてSiriを呼び出すことができます。なお、装置の中にはボタン型の電池(CR2032)が入っており、約半年間は利用できます。

PIP-SRC

ただ、少し気になるのは、この装置を持っていなくても、「Hey Siri」と話しかけるだけで、SiriをONにすることができる機能が付いています。設定で呼び出しができるようになるのですが、その方法はこちらのサイトが詳しいです。


さぁ呼びかけよう! 声でSiriを起動する「Hey Siri」の使い方【iOS 9対応】

「Hey Siri」(ヘイ、シリ)の機能をオンにすると、iPhoneの音声アシスタント「Siri」を声だけで起動できるようになります。料理中や運転中など、手が離せないときに便利な機能です。

dekiru.net

このHey Siriの機能を使えば、あえてハンドルにボタンを付けなくても同等の操作ができそうな気がするのですが、どんな違いがあるのか、もう少し詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク