東京ディズニーリゾートの日付指定無しパスポート券の扱い変更

シェアする


手元に東京ディズニーリゾートのギフト券2000円分が4枚あったので、日付指定無しのパスポート4枚と引き換えました。今回は昭島にある「モリタウン」のディズニーストアーで引き換えをしました。


今まで、日付指定無しのパスポートはパークが混雑して入場規制がかかったときには入ることができないという制約があったのですが、特にそれ以外に入ることができない日というのは設定されていなかったと思います。


ところが、今回の引き換えで驚いたのは、10月から12月の土日祝日には入場ができませんと言われたことです。調べてみると、2016年10月から東京ディズニーリゾートでは日付指定券限定入園日を新たに導入していました。

逆に下記のチケットであれば2016年10月から12月の土日祝日であっても入園することができます。

  • 日付指定券(1デーパスポート、シニアパスポート、マルチデーパスポート、スターライトパスポートなど)
  • 年間パスポート (東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、2パーク年間パスポート※)
  • 株主用パスポート※

※入園制限中は、入園できません。

  • 該当日に入園保証のあるパークチケット

なお日付指定のないパークチケットであっても、「変更可能なオープン券」であれば、事前に日付指定券に変更することで日付指定券限定入園日に入園できるのだそうです。ただ、券種変更には差額の清算と変更手数料がかかるという注意書きがありました。また、該当日の前売り券が売り切れの場合は変更することができません。

ディズニーリゾートとしては、あまりにもパークが混雑することで、ゲストの満足度が低下している傾向もあり、パスポートの値上げを繰り返していますが、さらには今回のような対策により、混雑期の混雑緩和をしようという考えなのでしょう。

私自身は混雑しているときにはパークに行かないので、特に気にすることもなく、日付指定無しのオープンなパスポートを今回は購入しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク