富士山須走口の五号目で休憩

シェアする

ゴールデンウイークの5月7日に道の駅「すばしり」に寄りました。こちらで休憩をしたあと、せっかくここまで来たのであればということで、須走口の五合目まで行ってみました。道の駅のすぐ横に五合目に上るための「ふじあざみライン」があります。このみちは通行無料です。

この道は最初はずっとまっすぐに富士山に向かって伸びているのですが、途中から右に左にヘアピンカーブが続くようになります。「ふじあざみライン」の距離は11.2Kmと短いのですが高低差は1,160メートルもあります。単純計算で勾配は平均10.4%、場所によって勾配が違うので、もっとも勾配が厳しいところでは20%を超える急坂になります。日産のラフェスタという2000ccのクルマで上りましたが、場所によってはアクセルを踏み込んで3000回転くらいで上らなければいけない場所もありました。

今回は5月でしたのであまりクルマは上っていませんでしたが、登山シーズンの7月から9月になると5合目から手前数キロメートルにわたって路肩に縦列駐車のクルマが埋め尽くすのだそうです。また、7月から8月のシーズン中にはマイカー規制が行われる時期もあるので、事前に情報を調べておいた方が良いです。

五合目まで行ってみると、第二駐車場とそれよりも高いところにある第三駐車場にクルマを停めることができました。第三駐車場にクルマを停めました。どちらの駐車場にも数台程度しかクルマは停まっていません。

第二駐車場の向こうに雲海が見えます。

振り返ると富士の雄姿が見えました。本当に近いです。

第三駐車場は一部の地面が流出していて割れ目ができていました。クルマで移動するときには落ちないように注意が必要です。

20分間ほど歩いたところには須走まぼろしの滝というものがあるそうです。

道の向こう側は雲海です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク