午前10時の映画祭で「マイフェアレディ」を鑑賞

シェアする


ららぽーと横浜のtohoシネマズで開催されている午前10時の映画祭で、マイフェアレディを見ました。前回、府中とtohoシネマズで見た「ティファニーで朝食を」に続き、オードリヘップバーンの往年の名作の一つです。DVDでは見たことがありますが、私が生まれるよりも前の作品ですので、映画館で見るのもこれが初めてになります。

10時前に始まる映画を見る際には、ららぽーと横浜では決められた駐車場に停める必要があります。西立体駐車場か平面駐車場です。今回は西立体駐車場を利用しました。道路で反対側の車線を走っていても、車専用の横断陸橋があるのが便利です。


西立体駐車場に行くと、tohoシネマズは6階か屋上の利用が便利だと随所に書いてあります。

ただ、10時前に建物に入るときには、鴨居駅側の入口からしか入ることができないようなので、一階に停めた方が歩かなくて済みます。

ららぽーと横浜のtohoシネマズはとても大きいシネコンで、上映されるスクリーンはプレミアという少しリッチな場所になります。長いエスカレーターでホールからさらに上がっていったところにあります。


マイフェアレディは1964年にアメリカで作られたミュージカル映画です。ブロードウェイミュージカルではジュリーアンドリュースが主演していましたが、映画ではオードリヘップバーンが抜擢されました。

サウンドオブミュージックもブロードウェイミュージカルが映画化されたものですが、映画化に際しては大自然でのロケが敢行されました。マイフェアレディは舞台の上の雰囲気をそのまま映画で再現したような形になっています。

ストーリーは貧乏な花売り娘を言語学者のヒギンズ教授が預かり、話し方や作法などを教え込んで、舞踏会にデビューさせるという内容です。古い映画にもかかわらずデジタルでリマスタリングされて、とても状態が良かったです。

3時間ほどある映画なので、2時間弱で約7分間の休憩があります。

予行練習のアスコット(競馬)はどうなるのか、本番の舞踏会ではどうなるのか、舞踏会が終わったあとイライザはどうなるのか?等、見所の多い映画です。

マイ・フェア・レディ<4Kデジタル・リマスター版日本語吹替音声付>Blu-ray2枚組
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2015-11-11)
売り上げランキング: 1,750
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク