wordpressで投稿時に遅くなったのでJetpackを無効化

シェアする

桜の散った小川
こちらのブログはさくらインターネットというレンタルサーバー会社のホームページスペースにwordpressというインストール型のブログシステムを準備して運営しています。

インストール型のブログシステムではwordpressは非常に一般的になっています。特に以前はシェアが高かったmobable typeと比較すると、投稿時に全記事を再構築する必要がないため、記事の投稿にストレスがかからないことが一番のポイントでした。

しかし、最近になって異変が発生しました。記事の投稿ボタンを押してもなかなか投稿が完了しません。写真をアップロードするときにもなぜかレスポンスが極端に悪くなってしまい、下手をするとタイムアウトをすることが頻繁に発生するようになりました。

非常に使い勝手が悪くなってしまったので、まずは重そうなプラグインを暫定的に無効にしました。一つはJetpack、そしてもう一つは投稿時に写真サイズを自動的に小さくしてくれるプラグインです。

これをするだけで、投稿時のレスポンスは極端に良くなりました。全く問題がない程度で、すぐに投稿が完了します。写真の投稿時のレスポンスも同様です。

今回、急にレスポンスが悪くなったのは、プラグインのアップデートが関係しているかもしれません。

Jetpackを無効にしたことで、TwitterやFacebookに記事を自動投稿し連携する機能が使えなくなってしまいます。こちらは別のプラグインで補完しようと思っています。統計機能など便利に使っていた機能もあるのですが、別の統計ソフトで補完します。

とは言え、これらのプラグインは非常に便利なものなので、できればまた使いたいです。また、時間が経ってプラグインの方が改善されたら、有効にして、レスポンスをチェックするようにします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク