Apple社のWWDC2016開催日は米国現地時間6月13日

シェアする

買い物カゴ

米国現地時間6月13日午前10時(日本時間6月14日午前2時)からApple社の開発者向けイベントWWDC2016が開催されます。こちらは毎年この時期に開催されている恒例行事で主に秋に公開される新しいバージョンのOSなどについての発表があります。以前は新しいハードウエアの発表が行われたこともありました。今回はどんなことが発表されるのでしょうか。ネット上で噂されている情報を集めてみました。

スポンサーリンク

iOS10の発表

今回のWWDCでは間違えなくiOS10が発表されるのではないかと言われています。噂されている機能追加は下記の通りです。

  • ロック画面の刷新
  • 「HomeKit」アプリのスタンドアロン化
  • 「Apple Music」のデザイン刷新と使い勝手の向上
  • 標準の写真アプリに新しい編集機能の追加

Apple Music

Apple Musicはデザインを大幅に変更するのではないかと言われています。私自身、サービスが始まった当時に無料視聴期間に限って使っていましたが、今ひとつアプリが使いにくい印象を持っていました。現在は、Amazonのプライムミュージックばかりを聞いているので、このままではApple Musicに有料会員として戻る選択肢は無いと思っています。どれだけ魅力的なサービスになるのかが気になるところです。

Siri

SiriがMacのOS、「OS X」に搭載されるのではないかと噂されています。私自身はMacを全く使っていないので、あまり関係のない話ではありますが、Siriがいろいろな場面で利用される機会が増えて鍛えられていく過程の中で、今よりも賢いものにグレードアップすると、iPhoneユーザーにとってもメリットがあります。また、サードパーティにも開放されるのではないかと予測もあります。Siriに対応したアプリケーションが増えると確かに面白いかもしれません。

Apple Pay

まだ日本ではお目見えしていないApple Payですが、秋には日本でもサービスが始まるのではないかという噂もあります。現在はおサイフケータイのようにカードリーダーの上でiPhoneをタッチすることで支払いを行えるような機能が実装されていますが、これに加えて、インターネット上での買い物でも利用できるようになるのではないかという予測がありました。ネットショッピングでクレジットカード番号を使わなくて済むようになると安全性が今よりも上がるのではないかと思います。

ただ、ここまでで書いたことは全てApple社の正式発表ではなく、ネット上で書き込まれていた噂レベルの情報です。正式な発表が楽しみです。日本ではほぼ完徹になってしまいそうな時間に中継されますが、私は翌朝にまとめて情報を確認します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク