蒙古タンメン中本 北極の火山(辛さ度12)

シェアする

蒙古タンメン中本 吉祥寺店

今朝の情報番組zipを見ていると、蒙古タンメン中本と一風堂の夏の新作ラーメンを紹介していました。その中で印象に残ったのは、蒙古タンメン中本の「北極の火山」です。

どんなラーメンかというと、北極のスープに入った麺の上に大量のシャキシャキモヤシを、まるで山のようにトッピングして、さらにその上から激辛麻婆豆腐をたっぷりとかけていました。

スポンサーリンク

蒙古タンメン中本の辛さ度

蒙古タンメン中本の辛さ度の表示は10段階で、辛さ10に冷やし味噌ラーメンが入っていたと思うのですが、北極の火山はなんとその上、辛さ度12と表示されていました。

zipの放送で北極の火山の紹介が終わった瞬間に、LINEで公式サイトからメッセージが飛んできました

本日、ZIP(日本テレビ系列)にて紹介された2商品を全店舗で販売開始いたします。北極の火山(950円)辛さ度12、炒めたモヤシとニラに中本特製辛し麻婆豆腐がたっぷりとのった「北極の火山」。暑い夏に汗をかきながら食べたい一品。こちらの商品は北極よりも辛い商品ですので初めての方はご遠慮ください。

「はじめての方はご遠慮ください」というのは、何となく凄さを感じます。「北極の火山」自体は新製品ですので、全ての人が「はじめて」食べる商品になるので解釈が難しいところですが、行間を補って考えると、「北極を食べたことが無い方はご遠慮ください」という意味と解釈すれば良いのでしょう。

身体へは結構な負担がありそうですが、どんな味が楽しめるのか気になります。蒙古タンメン中本のラーメンは辛さの奥に味やコクを感じられるので、北極の火山も期待できるのではないかと思っています。

同時にzipで紹介された蒙古タンメン中本の新作ラーメンに880円の「蒙古涼麺」があります。こちらは辛さ度が4だそうです。北極のスープが入った冷やし和え麺で、麺の上から辛し肉、特製辛し麻婆豆腐、きゅうり、もやしがたっぷりとのっていました。中本風冷やし中華と考えれば良いようです。お酢を加えると辛さにまろやかさが出ると紹介されていました。暑い日にはこちらも良いかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク