彩香が歌う「三日月」のPVは本当に街灯の上に座って撮影

シェアする

桜ヶ丘公園

いつものように、日本テレビのzipを見ていると、歌手の彩香がインタビューに答えていました。この中で、大ヒット曲「三日月」の話しをしていたのですが、このPVを撮影しているときに本当に泣いてしまったのだそうです。泣いてしまった理由の一つは本当に街灯の上に座って撮影したからとのことで、足はブラブラして背もたれも無く本当に怖かったそうです。クレーンで街灯の上まで行って座り命綱を安全のためにつけたようですが、確かに怖いのではないかと思います。

今まで何となく「三日月」のプロモーションビデオを見ているときには、夜景とスタジオで撮影した映像を合成しているのではないかと思っていたのですが、今一度、プロモーションビデオをよく見てみると、不自然さをまったく感じません。しかも最初から最後まで約5分の動画をすべて1カットで撮影しています。撮影したスタッフにも相当の拘りがあったことが判ります。

この街灯というのはどこにあるものを使ったのかも調べてみました。すると、多摩市にある桜ヶ丘公園の「ゆうひの丘」というところに撮影用の街灯を設置してそこで撮影したのだそうです。この「ゆうひの丘」は様々なドラマのロケでも使われている有名なスポットです。

プロモーションビデオで見える夜景は北側の聖蹟桜ヶ丘等の方面ということになりそうです。すぐ下にクルマが頻繁に走っている道は都道41号稲城日野線(通称 川崎街道)です。この道はよく整備されているのですが大丸のあたりまでは道沿いに商業施設等が少なくクルマの流れがとても良いのでよく使います。

この「ゆうひの丘」がある桜ヶ丘公園というところは私も行ったことがあります。

その際には聖蹟記念館などを巡ったのですが、ゆうひの丘は別の方角、聖蹟桜ヶ丘駅側にあります。この公園は非常に広い公園で私が行った際には「ゆうひの丘」には寄りませんでした。

調べてみると、ゆうひの丘は夜景の名所としても有名なのだそうです。桜ヶ丘公園には二つの駐車場、「記念館側」と「ゆうひの丘側」があります。記念館側は夕方に早々と閉まってしまうのですが、ゆうひの丘側は午後8時まで開いていますので、こちらにクルマを停めて丘を登ると良いでしょう。こちらが駐車場の案内になります。

今度、機会を見つけて「ゆうひの丘」に行ってみようと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク