つけ麺TETSUで辛あつもり

シェアする

大雨警報が出ていた際に三鷹駅のつけ麺TETSUに寄りました。こんな日だったのでお店は空いているだろうと思って行ったのですが、店内はお客さんで満席、外にも3人の列ができていました。やはり人気店です。

自動券売機で今回は辛あつもりの食券を購入しました。辛あつもりは食べるのが初めてです。日頃、辛いラーメンといえば蒙古タンメン中本が定番ですが、TETSUの辛口がどれほど辛いのかはとても楽しみです。

列に並んでいる最中に注文内容の確認がありました。松屋などとは違って、券売機でとった注文の情報は厨房には流れていないようです。

5分ほど待っていると店内に入ることができました。

ただ、麺の茹で上がりにはまだ時間がかかるようです。


席でも5分ほど待ったところで、辛あつもりがやってきました。

こちらがつけ汁です。なんだか赤くありません。一口レンゲで飲んでみると辛くありませんでした。

つけ汁も確かに美味しそうです。

そこに登場したのが辛味調味料です。どうもこれを入れて辛味を調整するようです。

ドバッとつけ汁に全部入れてしまいました。

こちらが、あつもりの麺です。熱い鰹出汁の中に麺が入れられています。

辛味調味料を入れてもあまり辛くありませんでした。前日に蒙古タンメン中本の北極の火山を食べたばかりなので、口の中がまだ麻痺していたのかもしれません。ちょっと残念でした。

麺を食べた後はつけ汁にフライドオニオンをたっぷりと入れて、鰹出汁を入れて味わいました。

落ち着く味で美味しかったです。

ただ、辛つけ麺は私が期待したほど辛くなかったので、辛いものを食べたいときには蒙古タンメン中本に行った方がやっぱり良かったかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク