長野と群馬の県境の「ぶどう峠」で休憩

シェアする

上野村から小海まで抜ける道(群馬県道・長野県道124号上野小海線)の最高峰である「ぶどう峠」で休憩しました。標高は1510メートルです。群馬県から長野県へと抜ける道は、ほかに碓氷峠、十国峠などがあります。以前、国道299号線が一部通行止めになっていた際に矢弓沢林道というところも通って十国峠に行ったことがあります。こちらがその際のレポートです。

想像以上に悪い道だったので、ぶどう峠を越えるのも大変なのではないかと最初は思っていました。しかし実際に通ってみると、路面の状態も比較的良く、また道幅も狭いところでも1.5車線程度は確保されていましたので、あまり危険を感じる場面はありませんでした。

上野村側から行くと、途中で御巣鷹の尾根に行く分岐がありました。日航機が御巣鷹山に墜落したのは8月12日で毎年、この日には慰霊登山が行われています。今回、ぶどう峠に行ったのは8月11日でしたが、クルマの通行量はほとんどありませんでした。

こちらは、ぶどう峠の駐車スペースから群馬県側を見たところです。

こちらは長野県側になります。

ぶどう峠の立派な石碑がありました。

北相木村の観光案内図もあります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク