豊洲駅におけるホーム上混雑の解消方法

シェアする

ビーンズ blog

先日、地下鉄有楽町線で久しぶりに豊洲駅に行く機会がありました。こちらの駅は朝は非常に混雑しています。電車が次々に到着するのですが、上のフロアーに上がるためのエスカレーターや階段の絶対量が少ないので、ホームに人が溢れかえってしまいます。豊洲駅周辺は20年ほど前までは造船所や住宅などしかなかったと思うのですが、その後、マンション、オフィスビル、ららぽーと、大学等が次々にできて、どんどんお客さんの数が増えました。しかし、交通の基盤が貧弱で、有楽町線、ゆりかもめ、都営バス程度しか足がありません。

以前はもっと上のフロアーに上がるところが少なかったのですが長年にわたって駅の改良工事が続けられて、今の状態でもずいぶんよくなりました。しかし、それでも殺人的な混雑が続いてしまっています。

豊洲駅は将来の新線建設のために全部で2つのプラットホームとその両側に線路があります。そのうち下り用に一つのホーム、上り用に一つのホームが割り当てられています。以前、工事をしているときにあまりにも混雑がひどかったときには真ん中の線路に蓋をして、2つのホームをつなげて使っている時期がありました。このときは、下り線のホームのエスカレーターが混雑しているときは上り線のホームまで行って、上り線のエスカレーターを使うということができました。

しかし、豊洲駅の工事が終わるとこのホーム間にわたされていた蓋は撤去されてしまいました。しかも、使われていなかった内側の線路お豊洲駅折り返しの電車ができたことで使われるようになってしまいました。

そんな豊洲駅で降りるときに電車の車掌さんが「隣に停まっている電車は通路としてご利用ください」とアナウンスしていました。確かに隣を見ると電車がドアを開けたまま1編成停まっています。もしもホームが人であふれかえった際はこの電車の中も使えということなのでそう。これならば、ホームの拡幅工事を行わずに幅を広げたのと同じ効果があります。ただ、上のフロアーに上がるための手段が増えたわけではないので、やはり移動には時間がかかってしまいます。

今後、築地市場が豊洲に移転する計画がありますが、そうすると更に電車を利用するお客さんが増えます。豊洲駅を今以上に工事する様子も無いですし、今のままではインフラが非常に厳しいのではないかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク