iOS10が公開されました(IIJmioも対応済みを発表)

シェアする

AppleからiOS10が公開されました。今回のアップデートは前々から評判がよく、特にアップデートしない理由が見つからないという情報を見ていましたので、公開された翌朝にはすぐにアップデートしました。前日にアップデートした人の記事を見るとアップデートに失敗している場合も多いようです。失敗してしまった場合にはパソコンに接続して復元する必要があるというのがもっぱらの評判でした。

調べてみるとApple側で何らかのミスがあったようで、朝の段階ではアップデートに失敗している人は特に見つかりませんでした。これならば安心してアップデートできそうです。

なお、iOS10が利用できる機種は下記のとおりです。

・iPhone 5/5c、iPhone 5s、iPhone 6/6 Plus、iPhone 6s/6s Plus、iPhone SE、iPhone 7/7 Plus
・iPad Pro 12.9インチ、iPad Pro 9.7インチ
・iPad 第4世代、iPad Air、iPad Air 2、
・iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4
・iPod touch 第6世代

iPhone4sでは利用することができません。そもそもアップデートファイルが大きいことと混雑により、ダウンロードにも時間がかかりましたので、結局は1時間以上はアップデートに時間を要しました。きちんと充電しながらアップデートしたほうが安心でしょう。また、WiFiのある環境が必要です。

また、格安SIMを使っている場合には、そのSIMがiOS10で使えるか否かを確認しておいた方が良いです。私はIIJmioを使っているのですが、公式ブログで利用できることが紹介されていました。

IIJmio、iOS 10にアップデートしたiPhone・iPadで動作確認

9/14未明に公開されたiOS 10について、対応するiPhone・iPadでIIJmioのSIMが利用できるかの動作確認を行いました。すべての機種でIIJmioの利用に支障は無いことが確認できました。また、アップデートに当たり特別に注意すべき点は見つかっていません。iPhone・iPadにアップデートの通知が表示された方は、画面の指示通りアップデートを実施していただいて結構です。

techlog.iij.ad.jp

まずアップデートして最初に気が付くのがロック解除の方法です。今まではスライドバーを横にスライドさせていましたが、ホームボタンを押し込む操作に変わりました。コントロールパネルのデザインも変わっています。オーディオ関係の操作をしたいときにはコントロールパネルを引き出した後に横にスライドさせると出てきます。

時計アプリにはベットタイムという機能が追加されました。毎日決まった時間に寝て毎日決まった時間に起きることを促してくれる機能です。

そのほかにもアップデートで変わった機能がたくさんあります。順次使いながら使い勝手を確認していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク