とうとうSDメモリカードの容量が1TBを実現(SanDiskが発売)

シェアする

sd-card

米国のSanDiskから容量が1TBもあるSDメモリカードの開発に成功したという発表をしました。こちらにニュースリリースがあります。

このニュースリリースを見て気が付いたのですが、SanDiskはウエスタンデジタル社に買収されたのですね。

今回はあくまでもぷトロタイプということで量産するにはまだ少しの時間がかかるものと思いますが発売されるのが楽しみです。

1TBといえば、ノートパソコンに搭載されている二次記憶装置の容量よりも多いです。スマホやタブレットもどんなに容量が大きくても256GBが最大でしょう。まるで、HDDレコーダーのような容量です。モバイル機器で本当にこんな1TBもの容量が本当に必要になるのかとも疑いたくなります。ただ、4K動画の撮影などが一般的になれば、この程度の容量でもそんなに余裕があるとは言えなくなってしまうでしょう。

SanDiskでは2014年に512GBのSDメモリカードを開発しました。こちらは発売時の価格は10万円弱でした。この2014年からの2年間で容量を倍増させたことになります。1TBの製品だと発売時は10万円を超えるような価格になると想定されます。ただ、また数年間経てば、入手しやすい価格になるのではないかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク