高速道路の最高速度が17年度から一部で110Kmへ

シェアする

前々から検討が進められていることが報道されていましたが、10月13日に警視庁は高速道路の最高速度を現在の100キロから110キロへ試験的に引き上げる区間を発表しました。

その区間は全国高速道路の中の二区間で下記の通りですり

  • 新東名高速道路 新静岡-森掛川IC間
  • 東北道 花巻南-盛岡南IC間

私自身、両区間ともクルマで走ったことがありますが、特に新東名高速道路は高規格で作られていることもあり、時速100キロで走っていると遅いように感じてしまうような場所でした。

東北道の花巻南と盛岡南IC間はさほど高規格な道路には思えないですが、東京と仙台の間に比べると、クルマの通行量も少なく、比較的、急なカーブなども少ないので選ばれたのでしょう。

この二区間で事故の発生状況や実際の走行速度などで問題の有無を検証し、安全性が見極められれば、最高速度を120キロにさらに改める方向です。

従って、両区間では最高速度を示す道路標識もLED式のものを採用することにより、将来、120キロに改められても工事費が追加で発生しないように考慮をした工事をするとのことでした。

また、安全性が見極められれば、他の高速道路でもこの動きが取り入れられて行くのではないかと思います。関越道、常磐道、東関東道、東名高速道路、九州道などが候補にあがっています。

一方で中央道のような急カーブや勾配が続く山岳路線は最高速度切り上げを導入するのは厳しいでしょう。

これから先、高齢者のドライバーも増えるので、高速道路の最高速度を上げるのは好ましくないという意見もあります。確かに高速道路を80Km程度の比較的ゆっくりと走りたいクルマから見ると相対速度が大きくなるので怖く感じることもあるかもしれません。

しかし、最近整備された高速道路は道路の規格も非常に良くなり、またクルマの性能も非常に高くなった現在、最高速度を引き上げることは良いことだと個人的には思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク