Simplicityの設定でAMP化することが難しかった

シェアする

このブログではSimplicityというテーマを使わせてもらっています。非常にカスタマイズが行いやすく、設定も簡単です。また、テーマのアップデートも頻繁に実施されていて、テーマ自体が持っている機能がどんどん増えていきます。そんなSimplicityでAMP(Accelerated Mobile Pages)に対応できるようになりました。カスタマイズで簡単にONにすることができます。AMPにページを対応させると、AMPに対応しているサービスでページの表示が高速化される等のメリットが得られます。

試しにAMPを有効にしてみました。有効にしてもすぐに何かが変わるわけではありません。クローラーが巡回してAMP化されたことを読み取ったあとに変化が現れるようです。数日、待ってみました。すると、こんなメールでエラーが発生していることが通知されました。

詳細をページで確認してみると、例えば下記のようなエラーが発生しています。

タグ「img」の属性「src」の URL プロトコル「http」が無効です。
属性「style」はタグ「ins」で使用できません。
必須属性「amp-custom」がタグ「style amp-custom」にありません。
タグ「a」の属性「target」に無効な値「blank」が設定されています。
属性「style」はタグ「img」で使用できません。

属性「style」はタグ「span」で使用できません。
属性「style」はタグ「ins」で使用できません。
タグ「FORM [method=GET]」の属性「action」の URL プロトコル「http」が無効です。
タグ「img」の属性「src」の URL プロトコル「http」が無効です。
属性「onclick」はタグ「a」で使用できません。

AMPに対応するためには、かなり、利用できるHTMLタグに制限がかかるようです。

また、キャッシュプラグインを使っているのですが、これも利用することができないようです。CSSがはじかれました。

こちらのブログをAMPに対応させるためにはかなりの加工が必要になることが判りました。対応していない各タグを置換するような方法も進んでいるようなので、もう少し時間が経てばもっと簡単にAMP化できるようになるのかもしれません。現時点ではAMP化はせずに、この先の状況を見極めていくことにしました。現在はSimplicityの設定でAMPは無効にしてあります。

【2016/12/24追記】

SimplicityもAMP機能のアップデートを繰り返していること、そして相性が悪いと思っていたCacheプログラム(Comet Cache Pro)もAMP対応のアップデートをしてくれたことから、テーマとプラグインの両方をアップデートして、テーマのAMP機能をONにしてみました。今の所は、AMPテスト機能でも問題は指摘されていません。

今後はうまく検索エンジンで認識をしてもらえるか否かが鍵になりますので、今後のクロールの状況を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク