パナソニックの照明スイッチの修理方法

シェアする

自宅のトイレの照明をON/OFFするためのPANASONIC製のスイッチが壊れてしまいました。PANASONICの住宅用電気設備はあまり壊れるという印象がなかったので、意外な感じがします。

スポンサーリンク

スイッチの修理

スイッチはどこの住宅でも使われていそうなこちらの商品です。

スイッチ部分が大きくて操作しやすいのが最大の特徴です。ただ、大きいがために子どもたちがトイレに出入りするときに乱暴にスイッチを押してしまうため、出入りの回数の多いトイレの照明スイッチが最初に壊れてしまいました。新築以来、10年少し使ってきました。

スイッチを押しても照明のON/OFFができません。シーソー式のプラスチックのカバーの中にあるボタンが押してもかえってこなくなってしまっていることが原因です。プラスチックのカバーを外した中に入っているスイッチがこちらの商品になります。

ネットで情報を調べてみると、このスイッチは比較的壊れやすいようで、いくつか情報を見つけることができました。青いスイッチの裏側には板バネが入っているのですが、これが折れてしまって、押し戻す力が弱くなってしまっていることが原因です。

したがって、新品のWT5001を購入してきて、青いボタンの部分を取り外し、壁に埋め込まれているスイッチの青いボタンの部分と交換するだけで直すことができます。↑UPという表示がありますので、取り外す前の方向を覚えておいて取り付ける際にも同じ方向に取り付けるようにします。

ブレーカーで電気を切ってスイッチ全体を取り外さなければいけないのは面倒くさいと思っていたのですが、思いのほか簡単に修理ができてしまいました。

こちらのサイトが写真豊富で判りやすく助かりました。

最近、脱衣所のスイッチの方も少し調子が悪くなってきているので、同様の方法で修理をしたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク