ジョイフル本田が東京都稲城市に大型ホームセンターを出店の計画

シェアする


大型のホームセンター事業を各地に展開しているジョイフル本田が、東京都稲城市にホームセンターを新たに出店する計画があることを知りました。2016年の9月下旬に報道されているので、今の時点ではどのようになっているかは詳しくわからないのですが、気になる計画です。

東京の周辺だと新青梅街道をずっと西に進んだところにある西多摩郡瑞穂町にジョイフル本田があり、以前はよく行っていました。今でも青梅街道を走る機会があると立ち寄ることがあります。ジョイフル本田はとにかく規模がでかいことが大きな特徴です。この瑞穂店も単にホームセンターが大きいだけではなく、激安のスーパーマーケットやガソリンスタンド、そして二階にはペットショップ、フードコートなど、いろいろなお店が一つになっていますので、ここ一つで大概の用事は済んでしまいます。

東京都での展開はこの瑞穂店に続いて稲城店が二店舗目になります。こちらの稲城店でも売り場面積は30,000平方メートル以上の規模で、今後、東京都の環境影響アセスメントをはじめとして開発許可、建築確認などの手続きを進めて施設の規模を具体的に決めて行く段取りになるそうです。環境アセスメントの手続きには少なくとも2年間がかかるそうで、開業は2021年以降になる見込みだそうです。

場所はJR南武線の南多摩駅西側です。確かに是政橋で多摩川を渡って、川崎街道と交差する手前で右側をみると広大な空き地がありますので、こちらが建設予定地なのかもしれません。敷地は高低差があるということで確かにこの土地には背後に山があるので高低差があります。この山も含めて整地する予定なのでしょう。富士通南多摩工場跡地に建設することを計画していてすでに開発事業用地は2016年5月に取得済みです。

もしもジョイフル本田が稲城市にオープンすれば、稲城市の中でもっとも大きな商業施設ということになります。稲城市では書店などの複合店舗、コーチャンフォー若葉台店が約6600平方メートル、向陽台のスーパー三和が約5700平方メートル、よみうりランドと矢野口の間にあるアメリア稲城が約6700平方メートルとなっていて、もしも3万平方メートル以上の店舗ができるのだとすれば、まったく比べ物にならないほど大きな商業施設になりそうです。

今まで瑞穂に行くのは遠かったので、南多摩駅近くのこの場所にできるととても便利になります。できれば早めにオープンしてほしいところです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク