東京都三鷹市が井の頭公園内に太宰治と吉村昭の記念施設の建設を計画

シェアする


東京都三鷹市は太宰治や山本有三といった作家が住んだ土地としても有名です。すでに太宰治については三鷹駅の近く、山本有三に関しては玉川上水沿いに記念施設があります。今度は太宰治と吉村昭の記念施設を都立井の頭恩賜公園の中に開設する方向で検討が進んでいるそうです。

今回、この計画が明らかになったのは12月の補正予算案に基本・実施設計費などとして3100万円を計上しました。2018年7月に建設工事の着工をして2019年4月のオープンを目指しています。太宰治は昭和14年9月から疎開期間を除いて昭和23年6月までの期間、三鷹市に住んでいました。また、吉村昭は昭和41年に新人文学賞の太宰治賞を受賞し、平成18年7月に亡くなるまで三鷹市の井の頭公園の近くに住んでいました。「ふぉん・しいほるとの娘」「冷い夏、熱い夏」など多くの作品を書き上げています。

平成30年で太宰治は没後70年になります。遺族から常設展示する施設ができるならば三鷹市に遺品や資料を寄贈したいという打診があったそうです。また吉村昭の遺族からも約30平方メートルの広さの書斎を三鷹市に寄贈、移築する提案があったとのことで、この機会に2つの施設を整備することを決めました。

場所は井の頭公園の西園、今の三鷹の森ジブリ美術館がある場所の近くに二つの施設を並べて整備する方針だそうです。今のジブリ美術館の南側は駐車場、北側はテニスコート、西側は吉祥寺通り、東側は広場という構成になっていますので、東側の広場に建てられることになるのでしょうか。井の頭恩賜公園は2017年が開園100周年となりますのでその記念事業と連携することも考えています。

なお、平成20年に開設された三鷹駅近くの太宰治文学サロンは新しくできた施設に集約・一体化します。今でも三鷹の森ジブリ美術館には日本国内のジブリファンのみならず、世界各国からのお客さんが連日、見学に来ています。これに加えて2つの施設が建設されれば、またさらに訪れる人が増えて賑やかになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク