寒い日にアラジン石油ファンヒーターが止まってしまう

シェアする

2012年から居間でアラジンブランドの石油ファンヒーターを利用しています。もう、かれこれ、5年使ってきたことになります。機種名は「AKF-PX537N」で、当時、1万5000円ほどで購入しました。

アラジン石油ファンヒーター

アラジンのファンヒーター「AKF-PX537N」は安価で強力かつ暖かい
 居間で利用していたダイニチの石油ファンヒーターについているタイマー機能が壊れてしまいました。タイマーが付いていると、朝部屋に行...

最近、寒い日の朝に点火をしてしばらくは動くのですが、本体がフル稼働する段階となってエラーが出て本体が停止してしまう事象が発生しました。

エラーコードを見ると、フィルターの詰まりが原因とされています。ただ、フィルター部分の掃除をしても、やはり同事象が再現してしまうので、フル稼働での運転ができません。従って、チョロチョロと運転を続けることで様子を見ています。

裏側の空気を取り込む入り口は金属製のパネルが付いています。

このメッシュの外側からダイソンのクリーナーで埃を吸い取っているのですが、それでは直すことができません。

そこで、このメッシュの部分を取り外してみました。ネジが3つで固定されています。このメッシュの部分に空気を取り込むためのファンが付いています。ファンの回転が止まっていることを確認してから電源をコンセントから取り外して、その上で作業をした方が良いです。

また、分解はメーカーの保証を受けられなくなったり壊れたり、怪我をする可能性もありますので、あくまでも自己責任の覚悟で作業をしました。

メッシュを取り外すと、やはり相当の埃があちこちに付いていました。

こちらがファンに付いていた埃です。

こちらが、本体側にこびりついていた埃です。掃除機に隙間ノズルを取り付けて綺麗にしました。

もう一度、メッシュの金属パネルを取り付けて運転を再開していますが、今の所は問題なく動いています。もう少し運転を続けながら異常が発生しないことを確認したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク