既存iPadの在庫調整が始まったことにより新型iPadの登場間近か

シェアする

ipad-9-7

Apple StoreでiPad AirやiPad Proの出荷時期が二週間後から三週間後になっており、そろそろ在庫調整に入ったのではないかと噂になっています。なお、iPad Proの12.9インチ版は在庫調整が始まっているようですが、9.7インチ版はこれまで通りに販売が続いています。したがって、iPad Proの12.9インチ版がモデルチェンジになるのではないかと噂されています。

iPad Proの12.9インチ版は2015年の9月にiPhone6sと一緒に発表されました。したがって、1年半もの間、販売を継続してきたことになります。通常は1年ごとに新型モデルのアナウンスがありますので異例の長さではあります。

この3月に新型iPadを発表するイベントが開催されるのではないかと予想されています。次期iPhoneについては、いろいろな憶測が流れていますが、iPadについてはあまり情報がありません。

CPUの高速化やカメラの高性能化といった定番のアップデート項目の他にどんなサプライズが組み込まれているかがポイントになります。

最近、タブレットについては売れ行きがあまり芳しくないという報道もありましたので、iPadがどんな形で登場するのかはどのメーカーも注目しているのではないかと思いますが。

多分、あと少しすると、報道機関向けにイベントの案内が送られるはずです。イベントの案内には何らかのイベントの種明かし的なことが書かれていますが、今回のイベントについては何かサプライズを伴う新製品の発表になるか否かが楽しみです。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク