箱根ホテル小涌園が2018年1月に営業終了

シェアする

箱根のホテル小涌園が営業を終了するという報道がありました。小涌園と言えば、日帰り温泉リゾートのユネッサンがあったはずです。ユネッサンがはいろいろな種類の露天風呂が所狭しと並んでいて、コーヒー風呂などの時期ごとに変わるイベント風呂があります。

また、水着着用で楽しむようになっているので、家族全員で一緒に入ることができます。

箱根小涌園 ユネッサン
 桃源台から海賊船に乗って最初に止まる箱根町の港でおりました。このあと、元箱根にも海賊船は止まりますが、ユネッサンのランチバイキングの受け付けが14時30分までだったので、船で元箱根に行ってバスに乗るよりも箱根町でおりてすぐにバスに乗ったほうが小涌谷に早く着くだろうという判断で、箱根町の港で降りまし...

このユネッサンまで営業を終了するのだとすれば、箱根の名物施設の一つがなくなってしまうことになります。ただ、各報道のニュース記事を読むと、新しくホテルがオープンするものの小涌園系列の施設は閉館 してしまうように見えなくもありません。

さらに調べてみると、こちらの記事がありました。ユネッサンがどうなるのかを直接、藤田観光に問い合わせてくれています。

温泉テーマパーク「ユネッサン」はどうなる? 「箱根ホテル小涌園」が営業終了へ(BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース
神奈川県箱根町でリゾート事業を展開する藤田観光が2月14日、「箱根ホテル小涌園」の - Yahoo!ニュース(BuzzFeed Japan)

これを読むと、ユネッサンがは営業を継続するようです。ひとまず安心しました。

箱根ホテル小涌園がオープンしたのは、1959年にさかのぼるそうです。かれこれ、60年近くの歴史があることになります。あの建物自体がそれだけの歴史を持っているようで、施設の老朽化を考慮したことと周辺の再開発を実施していることから営業終了を決めたと報道されていました。 まだ、ホテル小涌園があった場所に何を作るかは決まっていないようです。ただ、良い場所ではあるので、利活用されるのでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク