アクアシステム CO2 4in1 アトマイザーをペンギンビレッジ本店のセールで購入

シェアする


練馬区の石神井にあるペンギンビレッジ本店で、決算処分セールが実施されているという情報を見つけたので、先日、クルマで行ってみました。お店は富士街道沿いにあります。

駐車場はお店の裏側に広い駐車場がありますので、クルマで行っても大丈夫です。土曜日の午前11時頃に着きましたが駐車場は数台の車しか停まっていませんでした。

ペンギンビレッジの店内に入ってみると、やはりディスプレイされていると水草水槽がとても綺麗です。前回来たときには気がつかなかったのですが、スマホの利用は禁止されていました。特に店内で写真を撮ることはご法度のようです。

以前は二階に喫茶コーナーや海水魚の売り場があったと思うのですが、現在は物置になっていました。店舗の規模を少し縮小したようです。

もともと、ペンギンビレッジではアクア用品もふくめて値段は標準価格で販売されていることが多いと思います。今回はセールということで値札から10%引きになっている商品がありましたが、それでもアクア用品の安売り店よりは高いです。

しかし、店舗の富士街道寄りの場所には中古の水槽や器具、パッケージの傷んだ商品などが特に安い価格で販売されていました。こちらは水漏れや故障があったとしても保障の対象になりません。

その中で見つけたのが、アクアシステムのCO2 4in1 アトマイザーです。いわゆる、炭酸ガスの水中拡散器ですが、4in1というのが何を指しているのか気になります。

調べてみると、拡散器、逆流防止弁、バブルカウンター、ホースコネクタの4つの機能が一つになっているという意味でした。最後の一つが500円で販売されていましたので購入してみました。楽天市場などで価格をみると2000円前後で販売されているようです。他に水槽枠に引っ掛けて使うミニ炭酸ガスボンベのホルダーも300円で購入しました。

そして、自宅の120cm水槽にCO2アトマイザーをセットしてみました。今までは、5Kgの炭酸ガスボンベからエーハイム2278の吸水口側からCO2をまきこんで強制添加する方式をとっていましたが、今度はCO2のホースを直接、アトマイザーに接続しました。CO2の耐圧ホースをしっかりと接続することができました。

CO2カウンター部分にどうやって水を入れれば良いのか分からなかったのですが、上部の緑色の部分を回して外して、CO2の気泡が出てくる部分を取り外すことで水をいっぱいに入れることができました。

水槽の中に沈めて、気泡が出て来たところに、エーハイムの外部ろ過機からの水流を直接当てるようにセットしました。かなりの勢いでCO2の泡は水中に溶けてくれているようです。

問題はCO2の気泡が出てくる部分がどの程度で汚れてくるかです。汚れてしまったときには漂白剤溶液の中につければ復活してくれるようなので、今度は、確かめてみたいと思います。

ペンギンビレッジ、世界の熱帯魚、水草、水中葉、アクアリウム用品、水槽の設計・施工
世界の熱帯魚・水草・海水魚・器具が充実のアクアリウム専門店「ペンギンビレッジ」の情報サイト. トリートメント済みの熱帯魚、水草はアクア水中葉、海水魚もトリートメント エコシステム水槽、水槽の設計・施工・オリジナル水槽作成
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク