次世代iPadの登場は2017年5月すぎ?

シェアする

現行世代のiPadが売り切れになって来たので、そろそろ次世代のiPadが発表されるのではないかという観測がありましたが、最近になって、次世代のiPad Proシリーズが発売されるのは2017年5月中まで発売されない見込みであることが噂され始めました。

次期「iPad Pro」にはやはり10.5インチモデルが追加で3モデル体制に 発売は2017年5月~6月か
新型「iPad Pro」は事前の予想通り3月に発表されるものの、発売は2ヶ月~3ヶ月後になるかもしれない。 10.5インチ/12.9インチ型「iPad Pro」の発売時期は2017年5月~6月頃になると、DigiTimesが報じている。

今度のiPadは額縁の部分を狭くすることで、液晶のサイズを10.5インチおよび12.9インチまで拡大するのではないかと言われています。もしそれが本当であれば、持ち歩きやすいサイズである9.7インチモデルの使い勝手がさらに良くなることになります。

まだ現時点では何もアップル社からはアナウンスがありません。もしも5月以降の発売になるのであれば、3月のアップル社のイベントで新世代iPadの発表があるであろうと言われていた噂もどうなるか分からなくなってきました。

3月開催のiPad Proイベントで、iPhone SEの容量アップ版も発表か?
MACお宝鑑定団による新情報。128GB版iPhone SE登場か? そして赤いiPhone 7?

現在、タブレットも徐々に売れにくくなってきていると言われます。旧世代のタブレットでも十分に動いてくれるので、あまり、買い替え需要が発生しないというところもあると思います。

現在、iPad Pro 9.7インチモデルを利用していますが、大きさ的には持ち歩くときも、自宅の居間で使うときにもちょうど良いサイズだと思います。自宅にいるときにはBluetooth接続のキーボードを接続していますが、ブログを書く際にもパソコン並みのスピードで書くことができます。

最近、プライベートな用事ではWindowsのパソコンを利用する機会が本当に減りました。

何をするにも十分なスピードなので、たとえ新しいiPadが発表されたとしても、まったく買い換えの必要性を感じないのが実情です。基本、タブレットの進化はCPUの増速やメモリの増加といった面で進化していっていますが、これから先、考えもしなかったような機能が追加されることはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク