クルマのタイヤに窒素ガスを入れると抜けにくい?

シェアする

スタッドレスタイヤ NANKANG SN–1

クルマのタイヤに窒素ガスを充填すると抜けにくいという話をよく聞きます。通常のガソリンスタンドで無料で使えるのは空気のボンベに限られますが、タイヤ専門店、カー用品店やディーラーでは窒素ガスを充填できるお店が多いと思います。また、変わったところではコストコのタイヤセンターでも窒素ガスを充填できます。

こちらの記事を読むと窒素ガスが抜けにくいのは事実と書かれています。

【意外と知らない】タイヤに窒素ガスを充填するメリットとは?
タイヤ屋やカー用品店などでタイヤ交換をしたり、もしくは交換をしなくても単に有料メニューで、窒素(チッソ)充填がある。タイヤに空気ではなく窒素充填するメリットとは何だろうか? 謳われている利点は「エアが抜けにくい・乗り心地の改善・熱による変化の少なさ」だ。 

こちらの記事を読むと、天然ゴムにおけるガスの透過係数が紹介されていました。

タイヤに窒素って効果ある?3つのメリットを考えてみた! | ふーんログ
車のタイヤに窒素ガスを入れると、どんな効果があるのでしょうか?窒素の効果は限定的ですが無いとは言えません。窒素ガスを充填した時のメリットを3つ書いてみます。

数字が大きいほど抜けやすく、

酸素:0.8

窒素:0.3

となっているそうです。

こちらの記事にも書いてあるのですが、私もこんなことを感じてしまいます。

空気を入れていても、酸素などは抜けて窒素ガスが残るのだとすれば、何回も空気の充填を繰り返して入れば、窒素ガスのパーセンテージが上がっていくのはないかということです。

ただ、正直、普通の空気でも特に問題は感じません。私の場合は、夏タイヤは1ヶ月も乗っていると空気圧が少し減るのが解るのですが、冬タイヤは空気圧がほとんど減りません。これから考えると、ホイールとタイヤの間がピッタリとくっついてくれていて、空気が漏れなくなっていることの方が大切だと思います。冬タイヤの方は楽天市場で通販を使って購入した激安の台湾製タイヤで、タイヤ専門店でホイールに取り付けてもらいました。

スタッドレスタイヤの交換をしました
先日、楽天市場で購入したNANKANGのスタッドレスタイヤを今履いているタイヤと交換することにしました。タイヤ交換は近所のガソリンス...

この作業のときの精度が大事なのではないかと思います。

私自身はお金を払ってまで窒素ガスを充填しようとは現時点では思っていません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク