新府中街道の中央線をまたぐ部分が開通

シェアする

東八道路を西に向けて走っていくと、府中街道のアンダーパスをくぐって暫く行ったところで道が道路に突き当たります。この道はそれなりに広い道で、通常は左に曲がって国立府中インター方面に行くことが多かったです。本当は東八道路自体も延伸されて、本来は日野バイパスに接続されることになっており、一部、用地の買収が進んでいるようです。

この東八道路が突き当たる場所にある道は、あまり意識せずに今までは使っていたのですが、実は新府中街道だったようです。府中街道は武蔵野線のすぐ横を通っているのですが、道が二車線しかないほか、途中、踏切があったりするので、どうしても道が混雑してしまいます。その渋滞緩和のために建設されているのが新府中街道です。実は東八道路が突き当たる場所にある道路も新府中街道の一部だということを最近知りました。

スポンサーリンク

新府中街道で中央線横断

しかも、中央線をまたぐ部分が新たに開通して中央線の北側に簡単に抜けられるようになったということでしたので、さっそく新しくできた区間を通ってみました。

新府中街道

東八道路の突き当たりを右に曲がって多喜窪通りを超えたところからが新規開通区間です。中央線の上を立体交差で越えるような構造になっていました。北向きの道路は一車線が潰されていて一車線のみ使用可能です。逆に南行きの道路は二車線が使えるようになっていました。交通量はそんなに多くありません。中央線の北側の道路で終わってしまっており、府中街道のバイパスとしては不完全な状況のためだと思います。

五日市街道とはスバルのディーラーがある付近で工事を行っていますが、現時点では用地買収も含めてまだまだ時間がかかりそうに見えます。南北を縦断する道路は調布保谷線など一部が開通していますが、まだまだ不十分ですので、ぜひ新府中街道についても開通してもらえると助かります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク