電子書籍は所有権ではないので紙の本よりも危険

シェアする

最近、Amazonで電子書籍を購入することが増えてきました。以前であれば、ブックオフなどで古本を購入していたのですが、段々と本の数が増えるにつれて、保管するスペースが厳しくなってきました。電子書籍で購入すれば保管するスペースのことは心配なくなりますが、実は大きなデメリットがあります。

通常の紙の書籍であれば新しい本を購入しようが、古本を購入しようが、その本を自分で所有することができます。ところが電子書籍はそのデータの利用権しか得られていません。したがって、第三者に中古本として販売することすらできません。

それどころか、もしもその電子書籍を運営している会社が倒産したり、サービスから撤退するようなことがあれば、その電子データを新たにダウンロードできなくなる日が来るかもしれません。

例えば、Kindleにダウンロードできていれば、そのKindleで書籍のデータは残り続けるようにも思えますが、そのKindleが壊れてしまったり、バッテリーが劣化して起動できなくなってしまったら、もはやそこで読み続けることができなくなってしまいます。

日本ではいくつかの電子書籍サービスがあります。電子書籍サービスを選択するのにあたっては、このような将来性にも着目して選ばないと、あとで後悔する日が来るかもしれません。ただ、これだけ時代の変化が激しいので、どんなサービスを選んだとしても未来永劫に大丈夫ということはないのでしょう。

とすれば、場所をとろうとも、紙の本を買っておいた方が安心だという考え方もあるのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク