活動量計「I5 Plus スマートウォッチ IWOWN」を購入

シェアする


最近、安価なスマートウォッチが出回るようになりました。いつも装着するものなので、見た目も気になるところですが、さほど格好が悪いということもありません。

また、Apple watchなどは1日程度しかバッテリーが保たない場合もあるようですが、安価に出回っている商品は1週間程度はバッテリーが保つものもあるようです。これならば十分に実用的なので、自分がスマートウォッチを使いこなせるか否かを見極めるためにも、手持ちのポイントで2500円程度の商品を一つ購入してみることにしました。

スポンサーリンク

i5 plus

いくつかの商品を見ている中で見つけたのが、i5 plusという商品です。商品レビューを読んでいると、あまり悪い評価はなく、結構使えるようです。


こちらはOEM提供もされているようで、ブランドはいくつかあるようでした。

楽天市場のショップで日本正規版という表示があるものを選びました。

購入したところ、商品もすぐに届きましたので、数日利用して見ました。質感はそんなに悪くありません。また、バンドは肌に密着しているので、その素材が気になっていましたが、これも特に不快なものではありませんでした。

スマホの方はいつも持ち歩いているiPhone5sと同期させました。マニュアルで指定があったiwownfit proというアプリと同期させています。zeronerというアプリの方が見た目が良いのですが、こちらのアプリではペアリングはできるもののスマートウォッチの情報をうまく吸い上げられませんでした。

ペアリング

スマホとペアリングするときにはスマホ自体の設定のBluetoothの画面から実施せず、アプリの上から接続した方が良いです。もちろん、Bluetoothはオンの状態にしておいてください。

充電

充電はベルトから本体を取り外すとUSBの差し込み口が現れるので、これをUSB端子に直接差し込むことで行います。


ケーブルを別に準備しなくて良いのでとても便利です。ベルトから本体を取り外すのが面倒くさいかとも思ったのですが、意外と簡単に取り外せるのでその心配はありませんでした。日常使っているときに外れてしまうような脆さはありませんので安心して使えます。

お風呂に入っているときに充電しておくと、お風呂からあがったときには、満充電になっていました。30分もあれば満充電にできるようです。

万歩計

万歩計の精度はさほど悪くありません。腕の動きを拾ってしまうのでかなり多めのカウントになるのではないかと思っていましたが、スマホのモーションセンサーでカウントする歩数と比較して1割も誤差はありません。十分に実用的です。

睡眠

睡眠の質を測定してくれます。いつ寝ていつ起きたかだけではなく、深い眠りについていた時間帯、浅い眠りの時間帯、それぞれを自動的に記録してくれます。

眠りの質が悪く深い眠りの時間が不足しているときには、確かに翌日、眠い感じが残っています。この睡眠の測定もおまけの機能というわけではなく、なかなか実用的だと思います。深い眠りが足らない場合は眠る時の環境を見直してみると良いでしょう。

通知

スマホがメールやラインなどを受信すると、振動して教えてくれます。また、日本語でタイトルが表示されるのもなかなか便利です。

難点

スマホとの接続がときどききれています。何が原因で切れるのかが分かりません。スマホの画面でアプリを立ち上げて見ていると、再接続される場合もありますが、再接続されない場合もあります。自動で再接続できない場合は、再度、アプリの上から接続をします。

おわりに

心拍計がこちらの商品には付いていません。心拍数もモニターしたい場合には、これよりも高い商品から選択する形になります。

どちらにせよ、スマートウオッチの機能がこんなに安価に入手できてしまうこと自体、非常に驚いてしまいました。今の所、安かろう悪かろうという感じではなく、しっかりとモニターしてくれています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク