ゲゲゲの鬼太郎と調布の街

シェアする

西調布駅の南側にあるステーキガストで少し遅めの昼食を食べたあと、調布インターと武蔵境通りに囲まれた調布の富士見町に鬼太郎公園といところがあるのを知ったので行ってみました。クルマで行ったのですが、公園の並びにコインパーキングがありました。30分で100円という価格体系です。


この鬼太郎公園は看板は何かがありそうな期待をさせてくれるものだったのですが、遊具や広場が中心の公園で鬼太郎関係のものはありませんでした。

ただ、この近くには水木しげるさんが眠るお墓がある覺證寺があるので、徒歩10分弱のところにある覺證寺にも行ってみました。



こちらが公式サイトです。水木しげるさんのお墓があることが紹介されています。

覚證寺|浄土真宗本願寺派|東京都調布市|覺證寺について

今回はまわりに人がまったくいなくて、中に入る勇気が無くお墓まで行くことができなかったのですが、お墓の写真はこちらの記事で紹介されています。

【ニュースな街】いかにも水木しげるさんらしいお墓 東京・調布(下)
昨年11月30日に多臓器不全で亡くなった漫画家の水木しげる=本名・武良茂(むら・しげる)=さんの墓が、長年住んでいた東京都調布市内にあると聞き、訪ねてみた。生前…

今回、周辺の街をのんびりと散歩がてら歩いてみたのですが、たまたま水木しげるさんの自宅としてネット上で紹介されている建物と同じ建物を見つけました。こちらの記事に写真が紹介されています。

本日死去、水木しげる先生を弔いに自宅へ赴く : 仄暗いお散歩
 今日、漫画家の水木しげる先生が死亡しましたが、おそらく大往生ということで、弔いの意味も込め、界隈を駆け足で巡礼しつつ、自宅へと行ってみました。 早速駆けつけたのは、調布駅前の水木先生のオフィスがあるビル。 もう何組かのマスコミが陣取っていました。  昔

ただ、路地の奥にあるので、近所の方に迷惑になりそうでしたので、路地の奥には歩いて行きませんでした。

映画やドラマの印象からもっと多摩川に近いところにお宅があるのではないかと思っていたので、かなり離れたところでしたので、とても意外でした。ゲゲゲの女房を見ていると、深大寺に行ったことが紹介されていますが、確かに深大寺に行くのにも便利な場所だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク