JAL661便で羽田空港から大分へ

シェアする

JAL

先日、JALの「どこかにマイル」で行き先に選ばれた九州の大分へと行ってきました。

JAL661便という朝の8時に羽田空港を出る便で大分には午前9時25分に着く予定です。大分空港ではタイムズカーレンタルを予約しておきました。

国内線第一ターミナルの7番搭乗口でしたので、その近くにあるPower lounge SOUTHというカードラウンジを利用して休みました。

スポンサーリンク

搭乗口へ

そして、出発の15分前に搭乗口に行ってみました。搭乗口の周りはガランとしていて、搭乗口が開いている状態です。「もうほとんどの人が先に乗ってしまったのかな?」と堂々と搭乗口を通過すると、機内はガラガラでした。


初めてこんなにガラガラな飛行機を見ました。どうも優先搭乗をしていたところを、堂々と通り抜けてきてしまったようです。

機体はB737-800です。機内の座席のレイアウトは3+3でした。通路側の席を選んでおきましたので、そちらに座りました。

機内のWiFiサービスが無料キャンペーン中でした。駐機中はネットワーク一覧で「gogoinflight」が見えませんでしたので、離陸してからサービスが始まるのかもしれません。

前の座席ポゲットを見てみると、ガイド誌や機内販売誌などがありますが、ヘッドホンはありませんでしたりもはや、国内線では自分のヘッドホンを使いなさいということになったのかもしれません。(と思っていると、離陸後に配っていました)

もちろん、機内のエンタテイメント設備もありません。もし見たければ、自分のタプレットやスマホをWiFiに接続することで、映像を楽しむことができます。

午前8時18分に離陸直前のシートベルト着用サインが出て、すぐに離陸しました。この日はよく晴れていて天候も穏やかでしたので、揺れも少なかったです。

離陸後、安定飛行に入る前に機内WiFiサービスが利用できるようになりました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク