JL674便で大分空港から羽田空港までフライト

シェアする

JAL

JALの特典航空券、どこかにマイルで応募したところ、大分に行き先が決まったので、6月の中旬、土日の二日間で行ってきました。

大分空港は大分の市街地からはかなり離れていて、国東半島の方へと行ったところにあります。今回はタイムズでレンタカーを借りて、1日目に別府付近を観光して、2日目には豊後高田をはじめとした国東半島の観光をしました。

東京へ帰る飛行機は午後7時20分に大分空港を出発するJL674番です。一泊2日とは言え、かなりじっくりと大分観光ができたと思います。なぜか、カタール航空とのコードシェア便でした。

大分空港には午後6時過ぎに着きました。お土産などを購入して保安検査を実施し、「くにさき」というラウンジで休憩しました。今回はセゾンゴールドアメリカンエキスプレスカードを使って利用しました。

午後7時10分には飛行機への搭乗が始まり、そして午後7時25分には飛行機が動き始めました。機内は満席になっています。こんな満席になるほどの需要があるのに、わずか6000マイルで往復航空券が貰えてしまい、どこかにマイルの威力は凄いと思います。

羽田空港では離陸までに順番待ちをすることもありますが、大分空港ではそんなことはなく、スムーズに滑走路へと入って行きました。そして、離陸です。出発ロビーで待っているときに、羽田空港周辺は天候が悪化していて、もしかすると飛行機に搭乗後に機内で待ってもらうかもしれないとアナウンスがあったのですが、その心配もありませんでした。

機体は行くときに乗ったものと同じ、737-800です。

19時35分に離陸しました。その後、ドリンクのサービスでアップルジュースをもらいました。また、機内のエンタテイメントではスマホをWiFiに接続して、「マツコの知らない世界」を見ていました。こうして使っていると、座席に備え付けのモニターがなくても、持ち込んだスマホやタブレットで十分に機内エンタテイメントを楽しめることがよくわかりました。

20時42分に羽田空港に着陸しました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク