東海道・山陽新幹線でSuica等が使えるようになる

シェアする

JR東海で運行している東海道新幹線では今までSuicaで乗車することはできませんでした。東海道新幹線の自動改札機を通るためには、EX−ICカードというものを入手しなければならず、少々面倒くさかったのが事実です。

スポンサーリンク

エキスプレス予約

私自身もアメリカンエキスプレスのEX−ICカードと連動できるクレジットカードを発行し、モバイルSuicaのメニュー画面から登録して、スマホで改札機を通ることができるように設定していました。一回設定してしまえば問題ないのですが、専用のクレジットカードを手配したりする必要もありハードルが高かったとおもいます。

Suicaでチケットレス

これが、9月末になるとICカード乗車券とクレジットカードの番号を公式サイトで登録を行った上で、ネットで事前に乗車券や特急券を予約しておけばSuica、PASMO、TOICA、ICOCA等、全国10種類の交通系ICカードで改札機を通ることができるようになります。詳しくは判りませんが、当然、モバイルSuicaでも通過することができるものと思います。登録は9月末に30日から始まります。また、外国人が訪日する前に海外で予約することができるアプリの開発も行っています。

本サービスを利用する上では特段の年会費等は不要です。EX−ICカードのときには年間1080円の会費がかかっていたので、年会費無料としたのは良い決断だとおもいます。また、乗車券・特急券の合計料金は通常期に大人1名が片道利用した時に通常料金よりも200円安くなります。しかし、紙の切符を東京から新大阪まで買った場合は東京都区内のどの駅からでもそのチケットで乗ることができる「特定都区市内制度」は適用されなくなります。値段だけで言えば、紙の切符を普通に買った方が安い場合も出るかもしれません。ただ、窓口に並ばなくて良いのは楽で良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク