NEXCOの信州めぐりフリーパスを使って旅行

シェアする

夏休みにクルマを使って長野に旅行に行って来ました。今回はNEXCO中日本で販売している2017信州めぐりフリーパスを使ってみました。高速道路を使って東京から長野を周遊するときにはお得なキャンペーンになります。

お盆の時期は利用できないのですが、8月16日からは利用可能になっていました。8月14日に、16日から18日までの3日間で申し込みをしました。

こちらが出発地点として選べる首都圏出発エリアのインターチェンジです。

調布インターチェンジから中央道に乗って、大月付近に事故渋滞があったので、八王子ジャンクションから圏央道、鶴ヶ島ジャンクションから関越道、藤岡ジャンクションから上信越道というルートで信州入りしました。

自由に乗り降りできるインターチェンジは下記の長野県内のインターになります。

東京から信州に行くときと帰るときはそれぞれ一回限り有効で、自由周遊エリア内では何回でも自由に乗り降りできます。

名古屋出発のプランもあります。

二日間用と三日間用の2種類があります。

今回は首都圏出発プランの3日間、普通車でしたので、9500円ということになります。行き帰り、それぞれ周遊エリア内のインターチェンジに行くだけでもそれぞれ5000円程度はかかるので、往復でトントンになる場合が多いのではないかと思います。あとは、周遊エリア内で小刻みに高速道路を利用することでお得度が増していきます。

今回はたとえ1区間でも周遊エリア内であれば高速道路を使っていたので、かなりお得いになったと思います。一般道と違って周遊エリア内では渋滞はまったくありませんでしたので、時間的な節約にも大きく貢献してくれました。信州は広いので3日間で800km程度は車で走りました。

また、旅行に行くときに同様の周遊プランがあれば利用したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク