さくらインターネットのウェブアクセラレータに挑戦

シェアする

さくらインターネットでウェブアクセラレータというサービスが提供されていることを知りました。2016年ごろからあったようです。

こちらのブログは、さくらインターネットのレンタルサーバーにWORDPRESSをインストールして運用しています。どうしてもレンタルサーバー上でWORDPRESSを使っているとページを表示するのに時間がかかってしまうので、これをもう少し高速化したいと思っていました。

ウェブアクセラレータは、いわゆるCDNと同じ考え方でWEBの内容を複数のサーバーがキャッシュしてくれて、後からのリクエストに対してはキャッシュされている情報を返却します。したがって、元々のコンテンツが入っているサーバー(オリジンサーバー)にはアクセスが行かないので、そのぶんオリジンサーバーの負荷が減ります。

ただ、今までは、さくらインターネットが提供しているウェブアクセラレータはオリジンサーバーの指定がIPアドレスでしかできませんでした。レンタルサーバーでは1つのサーバー(一つのIPアドレス)に複数の利用者が収容されているので、IPアドレスでの指定では一意に特定できません。したがって、今まではさくらのレンタルサーバーを使っている私のような利用者はウェブアクセラレータを利用することができなかったようです。

ところが2017年7月からはオリジンサーバーをFQDN名で指定できるようになりました。これでレンタルサーバーの利用者も使えるようになったというニュースリリースが出ていました。

「ウェブアクセラレータ」FQDN名でオリジンサーバが指定可能になりました。
さくらのクラウドに関連するニュースをお届けします

そこで、ウェブアクセラレータを利用してみることにしました。しかし、どうしても利用することができませんでした。オリジンサーバーに認証するための情報(TEXT)をドメインのゾーン情報に設定してチェックをかけるのですがどうしても通りません。

まだ、FQDN指定でのサービスが始まったばかりですので、ネット上の情報がまだまだ不足しています。多分、数週間経てば利用する人の数も増えると思いますので、そのような参考情報を調べながら、またトライしたいと思いますので。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク