ドトールコーヒーショップでバリューカードを作成

シェアする

ドトール バリューカード

ドトールコーヒーショップのバリューカードというものがお得らしいという話を聞いていたので、以前より気になっていたのですが、先日、実際にカードを作ってみました。

ドトールコーヒーショップに立ち寄ったときにバリューカードを作りたいと言えば大丈夫です。

スポンサーリンク



バリューカードの発行

カードを作るのには300円が必要ですが、カードには300ポイントが付いた状態で発行されるので実質は無料です。利用したドトールコーヒーショップはSuicaが使える場所だったのですが、カードの購入費用にはSuicaが使えないということでしたので現金で支払いました。

ついでにアイスコーヒーを買ったのですが、1000円を店頭でチャージしてバリューカードで支払いました。バリューカードで支払います!と言って「どうぞ」と言われたら電子マネーのリーダーにかざせばオーケーです。

公式サイトで登録手続き

店内でアイスコーヒーを飲みながらドトールの公式サイトで登録手続きも行ってしまいました。

PIN番号という欄があるので自分で任意のパスワードを付けるのかと思ったのですが、そうではありませんでした。バリューカードの裏面右上にスクラッチになっている部分があるので、ここを削るとPIN番号が出てきます。

これでチャージもクレジットカードを使ってウェブからできるようになります。いつも愛用しているアメリカンエキスプレスカードには対応していなかったので、VISAの楽天カードを登録しました。(対応しているカードは、VISA・Master・JCB・セディナカード)

バリューカードの特典

2000円分のチャージをすると5%分のポイントが貰えるというのが嬉しいです。(2000円未満のチャージではポイントは付きません)

また、バリューカードを利用して商品を購入した際には100円に付き1ポイントが付与されます。

ドトールコーヒーショップをよく使うお客さんにはさらなる特典があります。

年間購入金額が2万円になれば2000円以上チャージした時のポイント付与率が7%、5万円以上になればプラチナ会員となり10%になります。5万円を365日で割ると1日あたり150円程度でしょうか。この程度の頻度で使えばプラチナ会員になります。

バリューカードへの要望事項

改善してほしい点は必ずカードのを財布から出さなければいけないことです。スタバのようにモバイルで決済できるようにしてほしいです。Suicaと同じリーダーを使っていたので技術的には可能だと思うので、おサイフケータイ対応のアプリをドトールが作ってくれるのを待つしかありません。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク