京王線の金子駅は甲州街道上に駅が存在

シェアする

BLOG 飛行機雲

仙川駅から西に向かうとキユーピーの工場(マヨテラス)があります。昔の京王線はここを過ぎると急な坂道を下っていき甲州街道に向かっていたのだそうです。

しかも、650メートルほどの区間は甲州街道の路面上に京王線の軌道があったというので驚きます。ちょうど江ノ電の江ノ島と腰越の間みたいな様子だったのでしょう。

さらに道路と鉄道が併用している区間の中に金子駅という停留場があっなそうです。しかし、滝坂と呼ばれた急坂を解消する目的で昭和二年には甲州街道上の区間は移設されて現在の路線に移っています。

こちらのページで現地を探索していますが当時の痕跡は残っていないようです。

京王帝都・調布〜仙川廃線跡
京王線仙川~調布駅間の旧線跡をたどる | 俺の居場所2
 京王線の仙川駅~調布駅間にはかつて電車が走った場所「旧線」が存在します。1913年(大正2年)4月15日の京王線の開通から、1927年(昭和2年)12月...

今ではこの金子という地名は残っていません。駅名は昭和32年に「つつじヶ丘」になったそうです。また、昭和43年に東つつじヶ丘、西つつじヶ丘という町名になりました。

つつじヶ丘という名前は京王の分譲地の名前だったのですが、これが由緒のある地名を追い出してしまったことになります。京王線の駅名としても八高線に現存する金子駅と混同する可能性があるので、つつじヶ丘駅になりました。今ではつつじヶ丘に金子というバス停が残っているそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク