iOS11で動かなくなるアプリは18万本以上?

シェアする

現在のiOS10まではメインメモリの領域を指し示す住所(アドレス)の長さが32ビット対応のアプリでも利用することができました。ところが、iOS11からは64ビット対応のアプリのみに制限されるということが記事で紹介されてました。

64ビット対応となれば実装できるメインメモリ量が4GB以上も可能になります。

アップルではハードについてはiPhone5sの時点で64ビット対応としています。この時点では世界で最初の64ビット対応スマートフォンだったようです。

なぜiPhone 5sは64ビット化を果たしたのか。その効果と未来とは? | AppBank – iPhone, スマホのたのしみを見つけよう
AppBank の主任です。Apple の発表によれば、iPhone 5s は世界で初めての64ビットのスマートフォンです。どこが64ビットなのかというと、iPhone 5s に搭載されている「A7」

もしも、32ビットアプリの走行が制限されるようになれば、現在公開されているアプリのうち、18万本以上のアプリが新しいOSでは動作しなくなるという記事がありました。18万本というと相当大きな数に見えますが、App Storeで公開されているアプリのうち全体の8%に相当する数になります。

自分がiPhoneにインストールされているアプリのうち、どのアプリがiOS11にアップデートすると動かなくなるかは、[設定]→[一般]→[情報]→[App]で確認することができます。私の場合は2つのアプリが対応していませんでした。

ただ、この二つのアプリは有料アプリで以前購入したものです。64ビット対応したアプリは別に公開して購入しなければいけない様子になっていました。こちらのアプリは最近利用していなかったので、このまま削除してしまおうと思います。

よく利用する主要なアプリケーションについては64ビット対応してくれていたので、私自身はiOS11に乗り換えても問題なさそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク