ゴルフレッスンを5回受けての状況

シェアする

シミュレーションゴルフの機械を設置している練習場で初心者向けのレッスンを受けています。1回目は体験レッスンでクラブの握り方からスタンス、7番アイアンを使ったクラブの振り方までのレッスンです。クラブの振り方とは言ってもフルスイングではなくて膝の高さから膝の高さまでの振り方です。ちょうど、こちらの記事が参考になりました。

ゴルフ初心者がスイングを最短で身につける5ステップ
ここではゴルフ初心者がボールをまっすぐ飛ばすために、正しいスイングを最短で身につける手順を、5つのステップで解説しています。

2回目から4回目までも7番アイアンを使ったスイングの練習です。シミュレーションゴルフの装置を使っているので、ゴルフボールがどれくらい飛んだか、どの方向に飛んだか等が前の大きなスクリーンに映し出されるのでよく分かります。30ヤードしか飛ばなかったものが50ヤード程度は飛ぶようになりました。レッスンとレッスンの間には自分で打ちっ放しの練習場に行って100球から多い週では300球程度は自分で教えてもらったことを練習していました。

どうしても周りで練習している人と同じような格好ではスイングすることができず、どう見ても格好が悪いです。ただ、そんなことにめげることなく、ただ教えてもらったことをひたすら練習していきました。どうしても二つの肩とクラブを持つところの三角形がスイングの途中で崩れてしまうので、これを直すのが大変でした。単に意識をしても直るものではなく、腕の筋肉なども大事なのかもしれません。そこで、ジムに言った際に筋トレも時間をかけてやるようにしました。

4回目でフルスイングに近いところまで降ることができるようになりました。この時点では7番アイアンで70ヤードから100ヤード程度は飛ぶようになっていました。ただ、ほかの人と比べると飛距離がまだまだ短いです。また、どうしてもバックスイングで早い段階で肘を曲げてしまう癖があり、これを直すことに力を入れました。上腕で二つの腕を固定する器具も登場し、出来るだけ肘を曲げずにスイングを終わらせることを意識するように指導されました。

5回目でも引き続き7番アイアンを使った練習が続きますが、まだクラブを振り切ったところが綺麗ではありません。また、練習場に行って癖を直すべく練習をしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク