2019年1月からスマホで確定申告を国税庁が開始

シェアする

今日の各社の新聞報道を読んでいると、国税庁が2019年1月からスマホで確定申告をできるようにするという記事が出ていました。

本人確認にはマイナンバーカードを利用して、このカード情報をスマホで読み取り、電子証明書を取得することで電子申告ができるようになるそうです。

従来はパソコンにカードリーダーを付けたりして対応しなければいけなかったので、少し面倒くさいイメージがありましたが、スマホで対応できればハードルが非常に低くなります。

ただ、今のところはマイナンバーカードの読み取りができるスマホは十数機種しかないそうです。アップルのiPhoneは対応していないということなので、この電子申告が利用できる人は非常に限られることになります。

マイナンバーカードの普及率は現時点で1割ほどとなっています。私自身はすでにマイナンバーカードを作りましたが、活躍してくれたのは、コンビニの多機能コピー機で印鑑証明書と住民票を発行したときのみです。

最近ではインターネットなども含めてお金を稼ぐ手段が多様化したことを受けて、副業をしている人も増えているので、確定申告をしなければいけない人も増えています。そんな時にスマホで確定申告ができるようになり、さらに本人確認がマイナンバーカードで簡単にできるようになれば、マイナンバーカードが普及する1つの起爆剤にはなりそうに思います。

今後、さらにこのようなユースケースが増えていけばマイナンバーカードの普及率も増えて行くのではないでしょうか。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク