基本的な個人情報は「既に一般に流通しているという覚悟を」

秋葉原

ITmedia エンタープライズ:基本的な個人情報は「既に一般に流通しているという覚悟を」

 最近、個人情報の流出が相次いでいますが、この記事はその影響について判りやすく書かれています。

 私もファミマドットコムで情報流出の影響を受け、何かの取り立て会社から葉書が送られてきたことがあります。単に住所や氏名などが漏れただけでも脅迫めいた葉書が来るのですから、もしも、クレジット番号なども漏れたらたいへんなことになってしまうでしょう。

 大量のデータを簡単に持ち出せるようになったので、これからはより強固に個人情報を守る必要がありそうです。

即答!個人情報保護―弁護士による実践的Q&A
即答!個人情報保護―弁護士による実践的Q&A

【2013/07/14追記】

 その後も、個人情報の流出を発表する企業はあとを絶ちません。情報を預けている企業から流出されてしまうと、個人としては防衛する手段がありません。

 しかし、被害を少しでも小さくする手段はあります。それは、IDとパスワードの組み合わせを、サイトごとに変えておくことです。どこかの会社で情報流出があったとしても、別のサイトで二次被害が発生することは防ぐことができます。

 ただ、サイトごとにIDとパスワードの組み合わせを変更すること自体、覚えておくのが大変になってしまいます。もはや、ID・パスワード方式でセキュリティを担保することは困難になってきているようにも思います。

 サイトによっては、ワンタイムパスワードを発行することによるセキュリティ強化を実施している場合があります。このようなセキュリティ強化策をうつことが出来るサイトでは、出来るだけ強化策を利用するようにしています。

コメント