首都圏の地上デジタル放送増力前倒し

bravia

 現在はUHF放送の混信防止のため東京湾の方角の一部だけが地上デジタル放送のエリアになっていますが、今日の日経新聞によると混信防止対策が順調に進んでいるため、今年の10月にも前倒しで増力するそうです。これにより首都圏の受信可能エリアの世帯数は640万戸にも及ぶようなので、たいていの場所では見ることができるものと思われます。

 でも、まだまだ地上デジタル放送の受信チューナーは高いですよね。楽天市場でもっとも安い商品でも5万円弱の値段がします。

 これから各社も生産体制を強力にして、こちらも前倒しでチューナー類の供給を始めるようですが、こちらの値段も、せめて1万円台程度まで下がってこないと、本格的な普及は難しいと思います。ちょうど、SkyPerfecTVのチューナーは1万円前後の値段で売られていますが、この程度まで値段が下がってくれると良いのですが、どんな形で価格が推移していくのか楽しみです。

地上デジタルテレビ放送のご案内


【2012/10/01追記】

 この記事を書いているときは、完全地デジ化はまだまだ先だと思っていたのですが、2011年7月24日(東日本大震災の被災3県は2012年3月31日)にアナログ放送は停波されました。

 あれだけアナログテレビが普及していて、まだまだ見ることが出来る機械も多い中で、地デジ化は無謀なのではないかとも思っていたのですが、意外と混乱も少なく、達成できてしまったような気がします。

 私の家ではまだアナログしか受信できないブラウン管テレビが残っているのですが、CATVがデジアナ変換をしてくれているので、まだブラウン管テレビを使うことが出来ています。

 ただ、最近では薄型テレビの値段は驚くほど安くなっているので、CATVのデジアナ変換が終了して買い換えを迫られたとしてもそんなに抵抗なく乗り越えることができそうです。

 居間や寝室にはすでに大画面の薄型テレビを導入してありますが、それまでのテレビと比較すると間違えなく画質が綺麗です。ちょうど、LPプレーヤーからCDプレーヤーに乗り換えた感じといえば良いでしょうか。

 ノイズなどもなく、画質がとてもくっきりとしています。これから先、日本の家電メーカーでは解像度がさらに高い4Kテレビの発売などを考えているようですが、これから先、テレビがどんな進化を遂げるのかは非常に興味深いところです。

コメント