住宅ローン

東京ミッドタウン

 昨年の夏前に自宅を購入しましたが、このときは本当に長期金利が最低の頃で、今では幻のローンとも呼ばれている東京三菱銀行の30年固定金利型のローンを借りることができました。このローンは当初10年間の金利が1.9%、そしてそのあとの金利が3.2%で金利固定という商品で、当時の住宅金融公庫の金利よりも少し低い金利に設定されていました。

 しかも、通常の元利均等返済とは別に元金均等返済のメニューも準備されていて、トータルの金利負担を若干低減させることもできるという商品でした。しかし、1ヶ月弱で募集が締め切られてしまい、私も申し込んでから審査期間中に募集が締め切られてしまうという状況でした。

 景気が上向いてきて長期金利が7月くらいから上昇傾向になり、申し込みが殺到したようです。現在は、東京三菱のローンを毎月毎月返済しています。

 最近では、3年間固定で1%程度の金利をキャンペーンにして売り出している金融機関がありますが、これらの商品を現在の経済状況で買うのはどうでしょうか。判断がわかれるところではありますが、少なくとも最近のベストセラー本の帯などを見るとあまり奨めてはいないようです。

 どんな理由で奨めていないのかはまだ読んでいないので判りませんが、たぶん、これからは金利は上昇局面に入るから3年間の固定金利の期間が終わったあとに急激に高い金利が適用されて、返済額がアップしてしまうことを懸念しているのかとも思います。

【2018/12/31追記】

相変わらずの低金利が続いています。したがって、今まで住宅ローンを借りていた人は、固定金利のローンを借りるよりも変動金利のローンを借りていた方がお得だったことになります。

そろそろ金利が上がるのではないかという観測もありますが、そう言われ続けて何年も経っているので、なかなか経済の予測は難しいのだとつくづく感じます。

私が借りていた東京三菱の住宅ローンは銀行側から提案があって、金利変更の手続きをしました。これで抵当権の設定変更など複雑な手続きを実施することなく、金利を大きく下げることができました。

毎月支払う金額は従来と同じにしましたので、今後、ローンを借りている期間が大幅に減りました。

コメント