ハードディスク内蔵MP3プレーヤ

mp3-muvo

 4GBのハードディスクが内蔵されたMP3プレーヤがAMAZONで入荷されてはすぐに売り切れるという状況が続いています。「Creative NOMAD MuVo2 4GB 」という機種になります。商品の説明を見ると、この中には1インチの超小型ハードディスクが入っていて、MDメディアよりも本体がコンパクトであるにもかかわらず、音楽CDと同等の音質で最大2000曲まで保存できることが売り文句になっています。

 この機種がなぜ人気があるかというと、中に入っているハードディスクが相場で6万円以上するらしいのですが、このMP3プレーヤ自身は3万円弱で売られているためです。

Creative NOMAD MuVo2 4GB
Creative NOMAD MuVo2 4GB

 評価を読むと、音質も良いようです。4GBもあると、もしもMP3などで圧縮した音楽をめいっぱい詰め込むと、ずっと違う曲を聴き続けることができるでしょう。同じような音楽が繰り返されて飽きることは無いと思います。


 私自身は、ハードディスク内蔵型ではないのですが、RIOのS10というタイプのMP3プレーヤを使用しています。こちらは、64MBの内蔵メモリとは別に256MBのSDメモリーカードを購入して、その中に音楽を詰め込んで使っています。

 レポートはこちらのページです。→  MP3プレーヤ RIO S10

【2012/10/01追記】

 この記事を書いてから8年が経過しました。ここでは、4GBのハードディスクが数万円とされていますが、今では4GBのメモリカードは数百円で購入出来るようになってしまいました。

 32GBのメモリカードですら2000円前後で購入出来てしまいます。この技術進歩の早さには、ただただ驚くばかりです。

 また、このMP3プレーヤを発売していたCreativeは今でもMP3プレーヤを販売しているものの、やはり、AppleのiPodシリーズの勢いには追いつくことができません。iPodの発売によってMP3プレーヤの勢力図はまったく塗り替えられてしまいました。iPodの発売までは何となくMP3という言葉にはアングラなイメージが付きまとっていたのですが、itunesとiPodのコラボでイメージが一新されたのが大きいと思います。

 また数年経てば技術が大きく進歩して、このようなデジタル機器の分野も一新されているものと思います。そのとき、AppleやSONYがどんな状況になっているのか、とても気になります。

コメント