小型デジカメも500万画素

IXY DIGITAL 500

ITmedia PCUPDAte:IXY DIGITALも500万画素に――キヤノン IXY DIGITAL 500

 とうとう小型デジカメも500万画素の製品が現れたようです。これだけの解像度があれば、少し大きめに印刷しても大丈夫だと思いますが、1枚の写真のファイルサイズは結構大きくなるような気がします。

 ホームページに載せる写真は100万画素級で十分なので、私の場合、最近は640×480のサイズで撮影することが多いです。300万画素で撮るのはあとで必ず印刷をするようなときだけです。500万画素ともなると、使う場面はもっと減るような気がしますが、実際はどんなものでしょう。


(2007/08/13追記)

 その後もデジタルカメラの画素数は増え続けて、もう一般的に高画素のデジカメは出回るようになってきました。しかも、今までは携帯電話のデジカメ機能はおまけ程度の機能でしかなかったものが現在ではこちらも立派な解像度になってきています。もしも手持ちのデジカメがないときも、携帯電話があれば立派に代役をはたしてくれる状況になってきています。

 今までは旧コニカミノルタのDiMAGE Xtという小型デジカメを使用していましたが、最近になってSANYOの動画デジカメ、Xacti DMX-CA6を購入しました。このデジカメも値段は2万円程度だったのに対して、動画も静止画もかなりの高画質で撮影することができます。どんどん、便利な商品が増えてきています。

【2018/12/31追記】

この記事を書いてから15年が経過しました。この15年で時代は様変わりして、コンパクトデジタルカメラを使う人は減ってしまいました。その理由はスマホに搭載されているカメラの性能が、物凄い勢いで向上しているためです。普段のスナップショットを撮る程度の用途であれば十分な性能です。

本格的に撮影をしたい人は一眼レフを使うのが一般的になってきました。以前よりも一眼レフを使う人の数が増えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました