チケットレスサービスの普及

成田空港

 最近、インターネットで申し込みを行うと、そのときに指定したクレジットカードを持参するだけで空港でチェックインできるいわゆるチケットレスサービスが一般的になってきました。

 インターネットで申し込みをするときに座席の位置の指定に至るまでビジュアルにできるので、私も出張で飛行機を使用するときは、いつもこのサービスを利用しています。

 このチケットレスサービスがすでに半数以上の人に利用されているそうです。航空会社にしてみれば、窓口の需要が減ったことによる合理化効果はかなり大きいものと思います。

半数以上が国内航空券のチケットレスサービスを利用〓メンバーズ調査

 ほかにJRのチケットを取るときも、えきネットを使うと、とても便利です。飛行機のときと同じように簡単に予約ができて、みどりの窓口にクレジットカードを持参するだけで切符を発行してもらえます。こちらのサービスも出張のときには必ず使っています。

 さらには、宿泊の予約もインターネットで簡単にできてしまいます。宿泊予約サイトとしては大手では「旅の窓口」が有名かと思います。(その後、旅の窓口は楽天に買収されて、楽天トラベルとして営業しています)

【2012/10/05追記】

 iPhoneで使用しているOSである、iOS6にPASSBOOKという新しい仕組みが導入されました。日本でもこのサービスに対応しているものが次々に現れています。また、ワーナーマイカルシネマズでも、事前にe席リザーブで予約をしておくと、クレジットカードで簡単にチケットを取り出すことができるようになったり、世の中がどんどん便利になっています。

 これからもさらに、ネットの普及とともに、チケットレスサービスは普及していくものと思います。

コメント