オトシンクルスとミナミヌマエビ

アクアリウム・熱帯魚・水草

エビ ヤマトヌマエビ 3-5cm

 横にある水槽の中のオトシンクルスとミナミヌマエビを携帯電話を使って大写しで撮ってみました。オトシンクルスは葉っぱやガラス面などの比較的広い面積の場所のコケ取りを一生懸命やってくれます。

 一方、ミナミヌマエビはヒゲ状のコケをツンツンと食べてくれます。エビはヤマトヌマエビが使われることが多いですが、私の場合は水槽の閉じた環境の中でも繁殖の可能性があるミナミヌマエビをたくさん飼っています。

 まだ、うまく繁殖していませんが、春が繁殖のときなので、増えてくれると良いなと思いながら水槽の中を眺めています。もうすぐ夏になると、水槽の中の水温が上がってしまい、エビや魚たちにはきつい環境になってしまいます。

 また、電動のファンを準備して気化熱で水温を減らす作戦を今年も実施しようと思っています。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
臨機応変?

コメント