武蔵野三鷹ケーブルテレビのデジタルサービス開始遅延

テレビ番組・ドラマ

j-com

 武蔵野三鷹ケーブルテレビで現在はアナログ放送の受信契約をしていたのですが、この6月1日からSTBを使用したデジタルサービスを開始するというので、4月の中ほどに申し込みを行っていました。

 インターネットからの申し込み後、半月以上たってから、やっと折り返しの連絡があって、サービスの申し込みが殺到していて、6月1日からのサービス提供はできないという連絡がありました。6月中旬頃になるとのことでした。

 そして、今日は5月31日。ポストの中には武蔵野三鷹ケーブルテレビからの封筒が来ていて、工事日の連絡かな?と思い封筒から中身をあけて読んだところ、なんと、デジタルチューナーの納期遅れにより、現状では6月下旬以降に申し込み順に工事を始める方向に方針が変わったそうです。

 私の家の工事は7月中旬以降になってしまうことでしょう。チューナーが納品されないのは武蔵野三鷹ケーブルテレビの責任とも言い切れないとは言え、告知が遅すぎます。もうとっくの昔に納期遅れは判明していたはず・・。

 しかも未だに公式ホームページのTOPでは6月1日からサービス提供と告知を続けている状況で、申し込みを優先させようという企業姿勢がありありと見える状況です。デジタルコースの詳細開設ページを見ると、チューナーの納期遅れにより、提供が遅れる旨の告示がありました。こちらは、封筒の中に入っていた情報よりも、下記の情報が多かったです。

コメント