無線LANのただ乗りに注意

wifi

 無線LANに何の安全対策もとらずに使っていると、見ず知らずの他人がそのアクセスポイントを使って悪さをする可能性があります。その悪さの内容としては、乗っ取りをしたアクセスポイントに接続された機器類に不正接続されて重要なデータを盗まれたり、今回のニュースのように、そのアクセスポイントからインターネットの外に出て、ターゲットのマシンをハッキングするような場合が考えられます。

Yahoo!ニュース – コンピュータ – ITmediaニュース
上記の記事によればセキュリティ対策を怠った、アクセスポイントの管理者そのものも罰せられたことがあるようなので、自分で無線LANネットワークを組んでいる人は充分に注意した方が良いと思います。

【2013/07/23追記】

 私自身はWEPによるパスワード認証とともにMACアドレス制限をかけています。新しい機器を追加するたびに、無線LANルーターにmacアドレスを登録しなければいけないので少し面倒くさいのですが、一回接続出来てしまえば手間いらずです。

 ただ、WEPにしろMACアドレス制限にしろ、突破されてしまう可能性があります。あとは、LANで大事なデータが入っているハードディスクの中身を共有させない等、万が一に備えたセキュリティ対策もとるようにしています。

コメント