中央線が混乱

中央線

 今日の19時過ぎ、東西線を使って中野駅まできたところ、架線の切断事故が中央線で起こったとのことで、上りも下りも電車が止まってしまっていました。仕方がないので、総武線の電車に乗り換えて三鷹駅まで向かったところ、三鷹駅が大混乱です。

 総武線の発着するホームから改札口に昇る階段は長蛇の列、そして何とか階段を上りきると、コンコースはどこを見ても人・人・人。改札口から外へ出ようとする人、快速ホームから各駅停車のホームに行こうとする人、色々な人が思い思いの方向に向かおうとして、まったく行きたい方向に行けません。しかも、駅ではいっさい案内放送は無く、混乱は続くばかりです。

 自動改札機も何台かが詰まってしまったのか何かで「ピーポーピーポー」と鳴り続けて、使えない状況になってしまっています。これが更にコンコースの乗客が外に出にくい状況に拍車をかけてしまい、混乱が混乱を呼ぶような状況でした。

 駅員はどこで何をやっているのか見渡してみると、激怒した乗客の対応をしているだけで精一杯のようで、混乱を沈める余裕は無いようでした。やっとのことで改札口から外に出られて助かりましたが、混乱したときに入場規制をするとか、コンコースの整理をするとかいった対応のマニュアルは日ごろから準備して対応できるようにしておかないといけないとつくづく思いました。

 JR東日本は、また中央線の高架化工事のために電車を運休して工事することを計画しています。でも、今日の混乱状況を見てしまったら、間違えなく、また失敗してしまうのではないかと頭をよぎってしまいました。

はてなダイアリー – Amaral’s ear was bread crust!

中央線なヒト―沿線文化人類学
小学館
三善 里沙子(著)
発売日:2003-05
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:182026
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 本を読んで、知らない街ファンになる
おすすめ度4 何か残るものではないが…
おすすめ度4 確かに少し変です
おすすめ度5 ローカルな日本
おすすめ度2 3回引っ越してもまだ中央線沿線に住んでるあなたに。
この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント