親知らずを抜きました

日本歯科大学

 先日の人間ドックで歯科検診もあったのですが、その中で先生から、親知らずに虫歯が出来ているから、歯科医で見て貰った方がいいとアドバイスを貰いました。今日は朝から暇だったので、妻のかかりつけの歯医者さんに予約をして行ってきました。

 朝一番で予約の電話をしたところ、今日は予約でいっぱいだけど、今すぐならば空いているということだったので、電話を置いてすぐに歯医者さんへ。そのまま問診票に記入して診療席へと案内されました。事情を話すと、すぐにレントゲンを撮って、相談の上、すぐに抜きましょうという結論になりました。

 親知らずを抜くのは2回目だったのですが、前回より更に簡単でした。親知らずのまわりの歯茎に麻酔をうったあとに2~3分待って、器具で親知らず横向きにゴキッと折るようにして、パッと抜けてしまいました。

 手慣れている雰囲気で、まったく痛みは無かったです。まだ、麻酔が効いていますが、麻酔が切れるときっと痛くなるのでしょう。痛み止めやら抗生物質やらいくつかの薬を貰って、しめての金額は4500円でした。ちょっと高いような気もしましたが、きっとレントゲンにお金がかかっているのでしょう。

 明日の日曜日に消毒と歯石の掃除をしてくれるということでしたので、また歯医者さんに行ってきます。

緋神律夏のつれづれ日記:抜いてもらいました。

親知らずのはなし
夏目 長門 , 鈴木 俊夫

発売日 1992/05
売り上げランキング 1,196,930

Amazonで詳しく見る4263451384

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント